富士通株式会社の「ロボットAIプラットフォーム」と接続したuniboの販売開始

報道関係各位

ユニロボット株式会社
2017年12月12日

富士通株式会社の「ロボットAIプラットフォーム」と接続したuniboの販売開始

このたび、当社の開発するコミュニケーションロボット「unibo」と、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也)が開発する『ロボットAIプラットフォーム』を連携したサービスが、富士通株式会社より販売開始となりましたので、発表いたします。

富士通株式会社の『ロボットAIプラットフォーム』とは、自然対話技術、表情認識技術、音声感情分析技術、顔認識技術などのコミュニケーション技術を搭載し、クラウドで提供するものです。当プラットフォームを通じて、お客様の固有のシステムとも連携し、ロボットという新しいインターフェースをお客様の業務、商品として加えることができます。

富士通株式会社とは、2016年12月に資本業務提携を交わし、共同開発を進めて参りました。今回の協業により、それぞれの強みを活かし、お客様の生活やビジネスシーンにより最適化された形でuniboを提供できるようになります。

富士通株式会社からの販売価格及び提供開始時期等の詳細につきましては、同社より公表された本日付けのプレスリリースをご確認ください。

尚、富士通株式会社から販売する uniboは、同社のロボットAIプラットフォームと接続しており、当社で独自に開発するAIエンジンとは接続はしておりません。

本件に関するお問合わせ先

  • ユニロボット株式会社 代表取締役 酒井拓
  • TEL : 03-6276-6107
  • Eメール : customer@unirobot.com

会社概要

  • 社名 : ユニロボット株式会社
  • 所在地 : 東京都渋谷区幡ヶ谷3-80-10 MK幡ヶ谷笹塚ビル6F
  • 設立 : 2014年8月25日
  • 資本金 : 2億6,715万円
  • 事業内容 :
    次世代型ソーシャルロボットの開発、製造、販売
    人工知能、最先端技術に関する研究、開発
    上記に付帯する組み込みソフトウェア全般の開発
PAGE TOP