ロボットホームとユニロボット 入居者のライフサポートロボットの開発に向けて基本合意を締結

報道関係者各位

ユニロボット株式会社
2017年9月20日

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)の子会社である株式会社Robot Home(以下ロボットホーム)とユニロボット株式会社は、「賃貸住宅キット」における、入居者のライフサポートロボットの開発に向け基本合意を締結いたしましたのでお知らせします。

◯基本合意の締結について

この度、ロボットホームとユニロボットは、「賃貸住宅キット」のセントラルコントローラーに、「unibo」のAIエンジンを組み込み、入居者のライフサポートロボットの開発に向けた基本合意を締結いたしました。2017年11月より新たに開設する予定であるロボットホームのIoTモデルルームに「unibo」の設置を行い、ライフサポートロボット開発のための検証を行ってまいります。

◯ ロボットホームの「賃貸住宅キット」について

「賃貸住宅キット」は、誰でも手軽にIoTの賃貸住宅を提供できるIoTサービスです。「賃貸住宅キット」を活用することにより、入居者においては、生活の利便性と安全性を高めるとともに、室内のセントラルコントローラーを活用した多様なライフスタイルの実現ができます。また、賃貸経営を行うオーナーは、IoTを活用して「空室状況」、「内見状況」の把握、空室時の「セキュリティ対策」などが可能です。

様々な機能を搭載できるタブレット型ゲートウェイであるセントラルコントローラーを始め、窓の開閉・揺れを感知してスマートフォンに通知するウインドウセキュリティや、IR(赤外線通信)を活用したネイチャーセンサーリモートコントローラー、4つの方法で解錠できるスマートロック、遠隔操作でどこからでも電気の調光・調色ができるスマートライトの5つのIoT機器を標準設備といたします。

◯ 全ての賃貸住宅にコンシェルジュを

室内に設置されたセントラルコントローラーは、各種IoT機器の操作だけでなく、ロボットコンシェルジュによる、水漏れなどのトラブルや退居時の連絡など、入居者の毎日の生活をサポートいたします。自社開発の領域にとどまらず、複数の企業とのパートナーシップを検討し、提携企業の技術やサービスを生かしながら協業を行うことで、コンテンツの拡充を図り、業界の枠をこえライフスタイルのイノベーション基盤を構築します。

ロボットホーム概要

社名 :株式会社Robot Home
設立日:2016年4月1日
代表取締役:古木 大咲
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-3-5-3F
事業内容1.IoT機器の開発・製造・販売、並びに関連するシステムの構築および運用保守サービス業
 2.インターネット、携帯情報端末機を活用した広告および通信販売業務
 3.アプリケーションの開発並びに運用保守サービス
 4.インターネットを利用した不動産情報の提供サービス

インベスターズクラウド概要

社名 :株式会社インベスターズクラウド
設立日:2006年1月23日
代表取締役:古木 大咲
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 7F
事業内容1.アプリではじめるアパート経営「TATERU」の開発・運営
 「TATERU」 https://www.tateru.co/
 2.ネットで賢くリノベーション「スマリノ」の開発・運営
 「スマリノ」https://www.sma-reno.jp/
 3.不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING」の企画・運営
 「TATERU FUNDING」https://www.tateru-funding.jp/
 (不動産特定共同事業許可番号 東京都知事第100号)
子会社:株式会社Robot Home
 株式会社iVacation

本件に関するお問合わせ先

ユニロボット株式会社 代表取締役 酒井拓
TEL:03-6276-6107
Eメール:customer@unirobot.com

PAGE TOP