社員インタビュー(小山 高史)

仕事の内容は?

プラットフォーム事業部長として、ユニボとunirobot cloud、両方のサーバー側の仕事、インフラ関係のチーム管理、マネージメントを統括しています。

やりがいを感じる時は?

今までににないものを作り出す。
みんなで新しいものを作ろうと、こうやったらうまくいくかな、と確信ないまま試行錯誤して、実際にカタチになった時。
最近ではトレタ予約番など、技術的にちょっと新しいことに挑戦していったり、知恵を出し合ったりして、作り上げる時にやりがいを感じます。

前職からフルリモートの環境で、快適に仕事が出来ています。エンジニアにとって、とても働きやすい環境だと思います。

入社して苦労したことは?

成長中のベンチャーの会社なので、やることが多く、仕事の幅が広いです。
やらなきゃいけないことが大量にある中で、状況に応じて優先順位をつけてスケジュールを組むのが大変ですね。
優先度のつけ方と、タスクの割り切り方に苦労しています。

ユニロボットに入社を決めた理由は?

ユニロボットに入る前は、ソフトウェアの受託開発の会社でデジカメの中身のソフトウェアなどを作っていました、
その後、以前の同僚と起業してスマホアプリの開発をしていたところ、たまたまユニボの中身を作るお話をいただき、ソフトウェア部門として入社させていただいたのがきっかけです。

会社の魅力はどんなところ?

フルリモートで仕事をする環境が整っている。
新しいことに対して積極的に受け入れる雰囲気があること。
好奇心旺盛な人が多く、新しいものに対して敏感なところに刺激を受けます。

ユニロボットの印象

自主性を尊重する会社。
自分たちで調べたことをシェアする風土が整っているので、風通しがよく、初めてのものでも自分でどんどん調べてカタチにしていったり、元々プログラミング好きな人が多い。

当社へのご相談、お問合せにつきましては以下よりご連絡ください。

お問い合わせはこちら